TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD

2021年5月25日

こんにちは!DXプラットフォーム運営事務局です!

東北電力グループ様より、スマート社会の実現に向けたオープンイノベーションプログラムについてのご案内です。ご関心がありましたら、是非ご参加ください。

TOHOKU EPCO BUSINESS BUILD 専用サイト

コンセプト(専用サイトより引用)

事業基盤である東北6県・新潟県は、国内でも人口減少や少子高齢化が加速しており、今後、交通・教育・福祉等、様々な分野で社会課題の顕在化が想定されています。

多様化する社会課題を広く捉え、東北電力グループは従来の電力事業の枠を超え、スマート社会の実現に向けたビジネスモデルの転換に挑戦。地域に住む方々がひとつひとつのサービスを意識することなく、快適・安全・安心な生活空間を手にできる「スマート社会」。東北電力グループは、「スマート社会」の実現を成⻑事業として位置づけ、2020年7月に事業創出部門を設置、また2021年4月には新会社を設立し、本格的な社会への実装に向けて組織体系を再編・強化。

創立70周年を機に「スマート社会」の実現に向けて、既存の枠を超え、幅広いパートナーとの連携・共創により、新たな価値を創造していきたいと考え、オープンイノベーションを加速させる本プログラムを立ち上げました。応募いただいた事業アイデアから選出した企業と、2日間の「BUSINESS BUILD DAYS」で、事業アイデアをブラッシュアップし、その後社会実装に向けたインキュベーション・PoCへと進んでいきます。

地域社会の課題解決を共に取り組んでいただける、パートナー企業をお待ちしています。